【最新】活動自粛中!介護への転職なら早めの行動を勧めている理由!

転職の話し

【最新】活動自粛中!介護への転職なら早めの行動を勧めている理由!

スポンサーリンク

 

 

2020年、新型コロナウィルスにより、世界は活動が制限されるようになりました。

感染症拡大防止のため、日本国内でも様々な企業が経営困難になっています。

倒産した企業の話ばかりがニュースで報道されていますが、実際は、フリーランスで仕事が無くなった人や、夫の稼ぎだけでは生活が厳しいからパートに出ていたが、パートの仕事が無くなってしまった。そんな方もいるのです。

このような状況で、転職を考えている方は多いと思います。

その中でも、介護の仕事をしてみよう!

こう考えている方!

実は、あまり、じっくりと考えてから行動しましょう!とも言いづらくなってきたように感じる現状があるんです!

ここでは、特別擁護老人ホームで10年間、相談員をやっている私が、事務所にいて、求人関係で、今までと変わって来たと感じていることについてお話します。

活動自粛中に介護施設の求人は変わって来た?

活動自粛中に介護施設の求人は変わって来た?

介護の世界は人手不足!

この話は一般的にもよく聞く話ですよね?

しかし、実は常に介護をやる人が増えないという訳でもないんです。

景気が悪くなると介護士は増える

これは、私の通っていた大学の話ですが、福祉の学部の生徒数にその影響は出ていた事で感じました。

今から約12年程前、リーマンショックで景気が一気に悪くなりましたよね?

実は、その時に、私が通っていた大学は、生徒数が年々増え始めていました。

「では、今は?」

と言うと・・・

昨年、仕事で母校を訪問しました。

全くと言うと言い過ぎなのですが、福祉学部はもう、ほとんど生徒がいない状況でした。

つまり、景気が悪くなると、就職率がよく、食いっ逸れの少ない介護現場を検討する人が増えるのです。

ココ数年は、景気が良い訳では無かったですが、リーマンショックのような大きな出来事がないと、他の職種に流れていってしまうのが現状です。

ここ数日の施設宛の電話の数

2020年、5月。ゴールデンウィークが明けた辺りから、明らかに派遣会社からの電話が増えています。

これは、普段、介護施設の事務所で仕事をしている私たちなら、

「あれ、今日、派遣会社からの電話多いよね?」

と、すぐに気がつくくらい増えています。

先ほどの項目で書きましたが、やはり、介護士は景気が悪くなると増える傾向があるようです。

ニュースでも、ハローワークに列ができてしまっているというのを目にしました。

つまり、活動自粛での景気悪化の影響と考えられます。

 

介護施設への転職は早く行動しておいた方がいいのが現状!

介護施設への転職は早く行動しておいた方がいいのが現状!

今までは、介護施設に就職となれば、結構、多くの施設がほしがった思いますが、この先もそれが続くかはわからなくなって来ています。

施設にも当然、雇える上限がある。

私が数日前から受けている電話の数を考えると、いくらなんでも介護士が足りてきます。

よその老人ホームも全て同じ本数の電話がかかって来たかはわかりませんが、ハローワークの混み具合を考えると、おそらく介護業界全体に来る流れでしょう。

どの介護施設でもいい!という訳にもいかない人が多い!

今まで介護をやった事が無く、自分は割と暗い性格だ。

こう考えているような人が、デイサービスに就職すると、おそらく大勢の前でレクをやったり、歌を歌ったりする事にかなりの抵抗があり、介護自体が嫌になってしまうでしょう。

一口に『介護』といっても、色々とあり、本来は自分に合った『介護』の仕事を見つけていくのがBestです。

しかし、今の状態が続けば、最悪、施設を選ぶ事は困難になってくる事も考えられます。

(最悪と言っても、介護施設側からしたら、人が足りているのは良い事なのですが・・・)

働きながら資格を取得するという流れがあるから介護施設が人気

おそらく、無資格でもまずは就職できて、働きながら資格を取得できる!という点で、介護への転職を選ぶ人も多いと思います。

しかし!

人手が足りないからそれが可能でしたが、介護施設側からしたら、当然、即戦力の資格所有者が欲しいのは、以前も今も変わらないのです。

もしも、この先、就職希望者が多くなれば、無資格が厳しくなってくるでしょう。

なので、早めに対応した方がいいという事になります。

 

 

 

 

先が読めない今は、派遣からのスタートがオススメ

先が読めない今は、派遣からのスタートがオススメ

 

介護施設で働くのにも、常勤、非常勤、契約社員、派遣っと言ったように、多くの働き方があります。

始めは派遣がいい?

これは、かなり微妙なところなのですが、おそらく、

もしも世の中が元にいきなり戻るとしたら、介護ではなく、元の仕事に戻りたい!

そう考えている人は多いのではないでしょうか?

そうなると、常勤で就職するより、派遣の方が働き方が合っていますし、介護施設の種類が合わないと感じたら、契約期間満了で他の施設を検討することもできます。

(今は、無資格の派遣職員という人も多く施設に紹介されていますよ!)

 

 

1つの場所で介護を続ける考えなら、直接連絡も有り

よほど、もう最後まで1カ所で常勤を目指して仕事をしていくということであれば、直接施設へ連絡して、常勤になる交渉も有りかとは思います。

しかし、今の現状で、この騒動がどう動くか予想しきれないのであれば、あまりお勧めはしません。

評判のいい施設を自分で探す事も!

各施設のホームページで雰囲気を確認したりして、ここいいなぁ!と思ったら、派遣会社の担当者さんに相談しましょう!

埼玉県は働きやすい施設が見える化されていました。

このような、自治体の情報等も参考にしてみてください。

www.pref.saitama.lg.jp

 

ある程度目星が着いたら、転職サイトを活用することをオススメします。

転職サイトを使う1番のメリットは、給料交渉をしてくれる点です。

その他にも、転職サイトを使って転職することで、特典があるサイトもあるので、使わないと損をします。

私がオススメしている転職サイトをランキングにした記事があるので、参考にしてみてください。

>>>現役相談員が選ぶ!介護系転職サイトランキング!<<<

 

 

 

 

まとめ

  • 新型コロナウィルスでの活動自粛で、就職の状況も徐々に変わり始めている。
  • ハローワークに列ができるニュースが流れている。同時に、私が努めている介護施設へ派遣会社からの電話もかなり増えている。
  • 景気が悪くなると、安定している介護の仕事につく人が増えるので、介護の仕事を検討している人は、早めに動いた方がいい。
  • 新型コロナで、今後、どう動いていくか、はっきりとはわからないので、まずは派遣がいいのでは?

最後になりますが、今は、介護施設ですら、新型コロナウィルスの影響で、営業停止している施設があります。

介護業界も、この状況で、今までと同じままという訳にはいかないという事です。

色々な人に話を聞いて動いてみてください。

その中の1つの意見として、この記事を読んでいただけたら幸いです。

スポンサーリンク

-転職の話し

© 2020 お団子団長STATION