介護のお話し 相談員のお話し

骨強化!日光浴で骨粗鬆症予防!老人ホームでできる事はコレ!

スポンサーリンク


id="日光浴による骨粗鬆症予防">日光浴による骨粗鬆症予防

テレビでは日光浴で皮膚をさらすことで、紫外線による悪影響についての内容を取り上げたニュースや番組がたくさん放送されています。

 

しかし、これは悪魔でも皮膚トラブルのお話!

 

適度な日光浴というのは、骨と深く関わりがあり、特に高齢者にとっては『骨粗鬆症予防』という観点から必要なことだとの内容も発表されています。

 

今回は『日光浴による骨粗鬆症予防』について見ていきます!

 

【Point】

  • 老人ホームで働いている方
     この日光浴の効果をもとにレクを組み立てて、営業での売り、稼働率アップに繋げてみてください。(実際に評判がいいです!)

  • 自宅で介護をしている方、骨折が心配な方
     全てご自宅でもできる内容です。効果を知ったうえで行うことをお勧めします。

 

 

 

日光浴が骨粗鬆症予防になる理由

骨粗鬆症に必要な栄養素は『カルシウム』。

このカルシウムの代謝、吸収に深く関わるのが『ビタミンD』という栄養素だと言われています。

 

厚生労働省のホームページ内の記事では、このビタミンDの濃度が一定未満になることで、身体機能の低下や転倒リスクが高くなるとまで記載されているのです。

 

ここまで骨に影響を与えるビタミンD。

このビタミンDは、食事からも当然摂取しなくてはいけないものですが、食事からの摂取だけでは十分な量を体内に取り込むことができません。

 

じゃあ、どこからビタミンDを摂取するの?

 

そう!
ここで登場するのが日光!

日光浴をすることで、紫外線を浴び、皮膚でビタミンDが作られるのです。

 

つまり

  1. 日光浴をする
  2. 紫外線を浴びる
  3. 皮膚でビタミンDが生成される
  4. カルシウムが吸収されやすくなる
  5. 骨粗鬆症予防になる

というように繋がってくるのです。

 

日光浴で骨粗鬆症予防中のお団子団長

 

 骨粗鬆症だけじゃなかった!日光浴の効果!

骨を丈夫にする以外にも、日光浴には次のような効果があると言われています。

 

血行促進!脂肪燃焼

 これは、想像がつくかもしれませんが、太陽の暖かさで身体がポカポカ。なんてことはよくあります。

 血行促進が促されれば、デトックス効果も期待でき、脂肪燃焼、ダイエットに効果的なのでは?と言われているのです。

 

心を助けてくれる!

 これもよく聞く話かもしれませんが、日光浴はうつ病の治療にも効果的と言われています。

日光を浴びることで『セロトニン』という物質が作られます。

このセロトニンが欠乏するとうつ病発症リスクが高まると言われています。

セロトニンは、精神を安定させる働きがあります。

また、集中力にも関係していると言われているため、日光浴でセルトニンをふやすことは、うつ病だけでなく、日常生活の中でも必要と言えます。

 

認知症予防!

前項にも書いた、ビタミンD。この栄養素からの効果は、骨を丈夫にするだけではありません。

糖尿病の予防にも効果があると言われています。

糖尿病は認知症を誘発する恐れがあるとも言われています。

つまり、結果的にビタミンDの摂取で認知症予防が期待できます。

 

また、ビタミンDが極度に低下することで認知症を発症すると発表しているイギリスの大学もあります。

しかもこの研究結果では、ビタミンDが一定量以下の場合の認知症発症率は100%とまで言われているそうです

 

その他の病気の予防にも!

 またビタミンDの話になりますが、そもそもの体内の免疫力を高めてくれると言われており、大病でなくても、風邪予防等の効果が期待できます。

 そして、日光浴は紫外線から皮膚ガンを誘発すると言われていますが、それと同時にビタミンDによる、ガン予防の効果が発表されているのです。

 矛盾しているようですが、それだけ、皮膚がんを恐れて外に出ないということにもリスクがあるということです。

 

効果を説明するお団子

 

老人ホームでの日光浴のやり方

方法
  1.  散歩・・・リハビリという側面からも、散歩ができればそれに越したことはありません!
    歩行に時間がかかってしまう方は、そこまで遠くまで歩こうとしなくいいのです。
    日光にあたりながらなら、ゆっくりと短い距離でも、難しければ車椅子でも構いません。
    (デイサービスやショートステイなどでは、レクリエーションをやっているということよりも、毎日の散歩による日光浴を取り入れている!とアピールした方が、家族受けが良かったりしますよ!)

  2. 日向ぼっこ・・・ベランダやお庭に椅子を置いて、出ているだけでも大丈夫です。
    もし、可能であれば、足や手を動かす、簡単な体操をそこですることで、結構促進効果を高めることができます。

    【注意】窓越しだと、日光浴をしてもビタミンDの生成がされにくいと言われています。窓際でお昼寝をすれば大丈夫というのは、効果があまり無いとされていますので、気をつけてください!

  3. 洗濯物を干す・・・特別養護老人ホームでは、身体レベルの関係で、なかなか難しいかもしれません。
    もし、身体レベルが一定以上で、日常生活にリハビリを取り入れたいという方がいたら、洗濯物を干しにお庭やベランダに出ることをお勧めします!
    毎日のことですし、体も適度に動かせて、日光にも当たれる。
    少人数でしかできないことですが、必要な入居者さんを決めてやるのもいいでしょう。

 

日光浴の時間

厚生労働省のホームページ上の資料で推奨されている時間は

 

 晴れた日・・・10〜15分

 曇りの日・・・30分ほど

 

前項の【注意】にも書いた通り、窓越しでは意味がありません。

外に出て、直接、日光浴をする時間の目安と考えてください。

 

日光浴で焦げたお団子団長

 

まとめ

高齢者が要介護状態になる原因の一つに骨折があります。

つまり、骨を強くするということは、介護予防に直接繋がっています。

ぜひ、骨の強さが心配になってきた方や、介護施設で働く方、両親の介護予防に力を注いでいる方は、今回のテーマの『日光浴』で骨粗鬆症予防をしてみてください。

 

 

 

www.odangodantyou.com

 

スポンサーリンク

-介護のお話し, 相談員のお話し

© 2020 お団子団長STATION