【ケアマネ必見!】ショートステイのロング!実費の日はいつになる?

相談員のお話し 老人ホームのお話し

【ケアマネ必見!】ショートステイのロング!実費の日はいつになる?

スポンサーリンク

【こんな方にオススメ!】
  ショートステイをロングで使用することがあるケアマネージャーさん必見!
  ショートステイの相談業務を始めたばかりの方もぜひ見てください!

 

どーも!お団子団長と申します!

ショートステイで、ケアマネージャーさんからよく聞かれるのがこれ!

『実費って何日になりますか?』

ショートステイの事業所に確認すれば簡単に確認できますが、実は、ケアマネージャーでないと、実費の日を把握しにくいケースもあるので、ケアマネージャーでショートステイをロング利用することがある方は、返礼、過誤申請!なんて面倒なことにならないように、一度確認しておきましょう!

ショートステイのロング利用で実費がでる?

まず、実費がでるってどういう事?という方への説明です。

ショートステイを利用する際には、いくつか、介護保険上のルールが存在します。

そのルールの中で利用し、ルールからはみ出す部分に関しては、何かしらの対応をしなくてはいけないのです。

そのルールの一つに『ショートステイは連続して30日までしか使えませんよ〜』っというルールが存在します。

このルールの考え方としては『ショートステイを連続して30日』っというよりは、

『介護保険を利用したショートステイは連続して30日』

っと考えた方が、ルールに沿った考えでいられます。

でも、「家にも帰れる状況ではない。」「特養の順番はまだ回ってこない。」「入院するほど悪い部分もない。」「老健だと数ヶ月で出されちゃうから転々とさせられそうでイヤだ。」等々、いろいろな理由でショートステイをもっと長く使いたい!という方がたくさんいます。

そんな時にどうするのか?

介護保険を利用したショートステイを連続で30日使ったら、介護保険を利用しないショートステイを1日挟む!

という方法をみんなとっているのです。

その介護保険を利用しないショートステイの1日が『実費』と言われる部分です。

ショートステイをロングで使い始めて、実費になるのは何日目?

先程出てきました

介護保険を利用したショートステイを連続で30日使ったら、介護保険を利用しないショートステイを1日挟む!

という内容からわかる通り、実費というのは

利用し始めてから31日目

に発生します!

この31日目の実費の日には、介護保険が使えないので、介護サービス費は全額負担(加算も含む)、負担限度額認定証が出ている方は、実費の日に関しては適用されなくなりますので、食費、お部屋代も全額自己負担となります。

改めて気をつけておきたいのは、あくまでも連続して30日使った場合です!

ショートステイ→直接入院(2日以上)→ショートステイに戻るというようなことが有れば、ショートステイに戻った日からカウントし直しです。

また、途中、最低2晩だけでも家に帰れば、こちらも再度ショートステイを使い始めた日からのカウントになります。

この場合、注意が必要なケースですので、次の項目を確認してください。

【注意!】実費の日を間違えやすいケース

 31日前に家に帰って過ごして、実費を回避するケース

先ほどの項目に少しあげましたが、最低でも2晩(2泊3日で)帰らなくては実費は回避できません!

「途中、家に帰ればいいんだ!」と1泊だけ帰っても、

帰った日 と 翌日の入所日

のどちらも介護保険のショートステイを利用することになるので、連日で使っているという扱いになる為です。

ショートステイをロング利用した際、実費を避けるために自宅へ帰る方法

ショートステイから別事業所のショートステイに移り、そのままロング利用する場合

『A老人ホーム』というショートステイをロングで利用していたとします。

ある日、この『A老人ホーム』から「B老人ホーム」に移動して、そのまま「B老人ホーム」でロング利用を継続するということをした場合は、次のような考え方になります。

『A』から『B』に移動した日は2箇所利用しているので「2日間使った!」という扱いになり、31日目までのカウントが1日分早まります!

わかりづらいと思いますので、下の図でご確認ください。

ショートステイから他のショートステイへ移動する際の注意

 

まとめ

  •  介護保険を利用したショートステイは、連続して30日まで!
    31日目は全額自己負担の『実費』になる!
  • 実費を回避するために家に帰るなら、2晩家で過ごす必要がある!
  • ショートステイから、別のショートステイに移動した場合は、実費の日を数えるのに注意が必要!
    移動した日は2日分カウントされる!

ショートステイのロング利用には、これ以外にもいくつかのルールが存在します。
まず、この記事で実費の日の考え方をご理解いただき、少しでも返礼などの面倒な状況の回避に繋がれば幸いです。

※尚、介護保険上の考え方は、各自治体で若干の差がありますので、気になる場合には、ショートステイを利用する利用者さんの介護保険者へ確認してください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

読んでいただきありがとうございます!
よかったら、読者ボタン、bookmarkボタンも宜しくお願いします♪

byお団子団長

www.odangodantyou.com

スポンサーリンク

-相談員のお話し, 老人ホームのお話し

© 2020 お団子団長STATION