【現役が語る!】ショートステイの介護士は大変!3つの理由!

ショートで働く!

【現役が語る!】ショートステイの介護士は大変!3つの理由!

スポンサーリンク

ショートステイの介護士って大変?
そりゃあ、何だって楽ではないよ?
ショートステイだって在宅介護の一種だし、大変なこともあるよ?
そっかぁ、じゃあショートステイの介護士はやめておこう。
こらこら!
ショートステイの大変さを知った上で、働けばメリットもあるから、まず今日は、ショートステイの介護士の大変さについて説明しようか!

 

 

 

  • ショートステイで働いてみたい人
  • 今の職場とショートステイを比べてみたい人
  • これから介護の仕事をしたい人

 

  • ショートステイの大変さを知って自分に合っているか考えられる。
  • ショートステイでの介護の大変さを知ってから、メリットを読めば、ショートステイでの介護の良さがわかる!
  • やる気満々の人は、大変さ=やりがいに思える!

 

\ ショートステイの仕事の全体像がわかる記事はこちら! /

【知って就職=1週間で戦力!】ショートステイの介護士の仕事とは!

 

 

 

 

\ ショートステイで上を目指す人が読む本/

ショートステイ関連の本3選【稼働率8%UPしました!】

ショートステイの稼働率や、ショートステイ での働き方に悩ませれていませんか?
この記事では、私が過去に読んで自分の施設に落とし込んでいったら稼働率が8%上がった本と、今でも読んだことでプラスになっている本をランキング形式で紹介します。

続きを見る

 

 

 

ショートステイでの介護は新規の利用者さんの数が多くて大変!

ショートステイでの介護は新規の利用者さんの数が多くて大変!

ショートステイの大変さの1つは、新規の利用者さんの数によるものです。

やはり、何をすればいいかわかっている人が利用するのと、新しく会う利用者さんの介護をするのとでは、全く違ってきます。

 

 

 

特養と比べると新規利用者が多い!

ショートステイで介護をする大変さの話をする時に、一番比較されやすいのが、特養で働いている時と比べて!ということです。

特養と比べると新規利用者さんが圧倒的に多いです。

職員も利用者さんも、お互いに慣れていない状態でのサービス提供になるので、やはり忙しく感じてしまいます。

 

特養は特養で、長く関わる大変さがあるけどね!

 

 

 

新規での利用は気持ちが落ち着かなくて大変!

やはり、新規利用は気持ちが落ち着かずに、特に認知症のある利用者さんは自身のコントロールができなくなってしまうことがあります。

気持ちが落ち着かなくて見られる行動の例

  • 帰宅願望
  • 介護拒否
  • 威力低下
  • 歩けない方の立ち上がり
  • 感情失禁

 

 

 

夜勤で来たら、知らない利用者さんが寝てるのは緊張!

日中も当然、新規利用者さんの対応は緊張しますが、夜勤者は特にです!

夜勤で出勤してくると、まだ合ったことの無い利用者さんが寝ています。

そして、他の職員が帰ってから、夜中に起きて、色々と会話をしたり、中には

「もう帰りますよ。」
「夜中に!?」

なんてことも。

 

 

実際に私も何度か経験しました・・・

 

 

 

 

ショートステイならではの業務!入退所の数だけ持ち物チェックや部屋の総入れ替えが大変!

ショートステイならではの業務!入退所の数だけ持ち物チェックや部屋の総入れ替えが大変!

荷物チェックと部屋の入れ替えもショートステイと言えばコレ!と言えるような仕事です。

ショートステイの大変さを伝える時には絶対に出てきます。

 

 

 

入所、退所の数だけ仕事が多くなる!

入所と退所が多ければ多いほど増える業務

  • 荷物チェック
  • 部屋の掃除
  • ベッドメイク
  • サマリーの作成

このような仕事が増えていきます!

その業務自体は大変では無いのですが、その業務があることで、職員が1人取られてしまうことで大変さを感じます。

 

 

 

ベッドメイクにスピードを求めてしまう

ベッドメイクや居室の掃除にどうしてもスピードが求められます。

先ほども書いた通り、部屋に籠もってやる仕事なので、職員1人がその仕事に取られてしまいます。

新人でショートステイに入ると、この居室の掃除、ベッドメイク、荷物チェックを

  • 正確に
  • 綺麗に
  • そして素早く!

これらを求められるので、慣れるまでが大変です。

 

 

 

荷物が大量にある人も!2泊程度で家出のように荷物を持ってくる人が!

荷物の量が人それぞれ、バラバラなのもショートステイの大変な点です。

よく、2泊3日だけなのに、ボストンバック2つ分だったり、キャリーバックのチャックがようやく閉まるくらいにまでパンパンに荷物を詰めてくる利用者さんがいます。

極力荷物を減らしてもらうのですが、何回お願いしても減ることが無い方もいて、荷物チェックや、退所の時に荷物をまとめるのにかなり苦労することがあります。

 

家のテレビのリモコンまで持ってくる人とかいるよ!
何に使うの!!!

 

 

 

 

 

 

 

ショートステイで本当に大変なのは、介護士の行動が稼働率に影響しやすい点!

ショートステイで本当に大変なのは、介護士の行動が稼働率に影響しやすい点!

稼働率に関する大変さは、今までのものとは少し質が違います。

稼働率=収益

経営に関わることなので、「大変だ」で済ませず、しっかり考えていかないといけない所です。

 

 

 

相談員から話す内容も、サマリーから読み取れる内容も、行うのは介護士!

「ショートステイの営業」

「ショートステイの稼働率」

こう聞くと、相談員の仕事というイメージが湧いている人も多いと思います。

しかし、実際、相談員が営業先で話す内容も、稼働率の元となる評判も、介護士の行った介護が元となって営業やリピート利用が成り立ちます。

 

 

具体的にいうと

営業の例

「私たちの施設ではこんなレクに力を入れています!」こういう営業にいくとしても、相談員だけでレクをやるのは不可能ですし、おそらく介護士中心に行っていくことがほとんどだと思います。

相談員だけではなく、介護士も含めて、レクで利用者さんを楽しませているか

これが営業でのセールスポイントに繋がっていきます。

 

 

評判がよくなるのは

ショートステイの評判が一番良くなるのは、家族からケアマネに伝わるケースです。

では、家族の評価をあげるのはどうすればいいのか?

  1. 相談員がどれだけ話やすいか
  2. 利用者さん本人からの話
  3. サマリーの内容

この、3つ目の「サマリーの内容」の部分がもろに、利用者さんが利用中に、介護士が何をしたのかを公表する場になります。

ここで家族に好印象を与える内容を書けるようにしていたかどうかで、リピート率が変わって来ます。

サマリーで上手い言い回しをしたりできるようになるのは、慣れが必要です!

 

嘘は絶対に書いちゃダメだからね!

 

 

 

家族の要望も考えて介護が必要

では、家族に好印象を与えるには何をすればいいのか。

 

結論:ニーズに沿う

 

いきなり、カッコつけた感じの答えになってしまいましたが、ニーズに沿うことが好印象につながりやすいのです。

利用者さんのニーズに沿うのは当然ですが、家族のニーズを大切にすることで、稼働率、特にリピート率が変わって来ます。

 

家族のニーズ把握については『ショートステイの役割把握に必須!【家族が求めていること】を聞き出す!テクニックも公開!』この記事を読んでみてください。

ショートステイの役割把握に必須!【家族が求めていること】を聞き出す!テクニックも公開!
ショートステイの役割把握に必須!【家族が求めていること】を聞き出す!テクニックも公開!

  ショートステイに利用者さんの家族は何を求めているの? 求めていることは人それぞれなんだよ。 つまり、ショートステイの役割は家族によって変わってくるんだ! そこから把握しないといけないのか ...

続きを見る

 

家族のニーズを意識しながら介護をしていくのは、かなり勉強になるけど大変だよ!

 

 

 

散歩一つで評価は上がる!

ちょっとしたテクニックですが「散歩」が稼働率をあげるのに、かなり効果的です。

施設内でレクをやるより、外に出ないといけないという点で、少し大変になるかもしれませんが、家族への印象は室内レクより、数倍良いはずです。

散歩が好印象を与える理由

  • 利用者さんが外に出れて喜びやすい
  • 家族では中々一緒に散歩する時間を作れない
  • 「レクリエーションの一環としての面」+「機能訓練としての面」を持っている

 

 

ちょっと待った!!!

ここで終わらないで、『ショートステイのメリット』を合わせて読んでください!!!

このブログを読むような向上心がある方なら、大変さとメリットを天秤にかけて、メリットを選ぶかもしれませんよ!

合わせて読みたい
ショートステイで介護士として働く【3つ】のメリット!
ショートステイで介護士として働く【3つ】のメリット!

  ショートステイで介護士として働くメリットについて教えて! 急にどうしたの!? 今、どんな仕事がいいか迷ってるんだ・・・ そういうことならショートステイで介護をするメリットを知っておいた方 ...

続きを見る

 

 

 

 

ショートステイの介護士は大変 まとめ

ショートステイで介護をすることが大変な理由のまとめ

  • 新規利用は、職員も慣れていないし、利用者さんも慣れていないから、お互いに気分的にも大変。
  • ショートステイは新規や入所、退所が多いから、それに関連する仕事も多い!
  • ベッドメイクや部屋の掃除などは、素早く終わらせるスキルを求められる。
  • 稼働率も考えて介護士ていく難しさがある。
  • サマリーでどうやって家族に満足してもらうか、同じことをした時の好印象を与える書き方など、慣れが必要。
  • 散歩は家族の要望をかなえやすい!

ショートステイは新規、入退所、稼働率の3つの面で、バタバタと忙しくて大変だと感じると思います。

ただ、この大変さを見て終わりにしないで、このまま、『ショートステイで働くメリット』を確認してください。

この大変さ故にあなたのスキルアップが期待できるのもショートステイなんです!

 

\ ショートステイの仕事の全体像がわかる記事はこちら! /

【知って就職=1週間で戦力!】ショートステイの介護士の仕事とは!

 

お団子団長STATION TOPへ

 

 

スポンサーリンク

-ショートで働く!

© 2020 お団子団長STATION