お団子団長〜明るい介護の小話〜

ここで介護の小話を一つ。介護現場を色々知って笑っちゃおう!

MENU

音楽セラピーへの参加方法〜介護の小話〜

音楽セラピーへの参加意欲

私の働いている老人ホームでは、定期的に資格を持っているセラピストを呼んで、音楽セラピーを行なっている。

やはり、楽しみにしている入居者は多い。

 

f:id:odangodantyou:20191216102713j:plain

私:「隣の部屋で音楽セラピー始まるから起きていきましょう!」

 

お爺ちゃん:「いいよいいよ。ここで寝てるよ。」

 

私:「歌好きなんだから、少し起きて行けばいいのに。」

 

お爺ちゃん:「ありがと。また今度にします。」

 

私:「途中からでも行けたら行こうね!」

 

そう言って私は部屋を出てすぐのところで待機。この日はセラピーには参加せずに、リビングで参加せずに残っている人たちの対応をすることになっていたからだ。

 

隣の部屋で音楽セラピーが始まり、音楽が聞こえてきた。

 

『ピンポーン!』

ナースコールが鳴った。先ほどのお爺ちゃんの部屋からだ。

 

部屋へ行くと

お爺ちゃん:「音楽セラピー聴いてるから、ドア開けておいて」

 

私:「はーい」

 

私はドアを開けて部屋を出た。

 

少しするとお爺ちゃんがスタスタと起きてきて、リビングに置いてあるベンチタイプの椅子をズルズルと動かして、自分の部屋の入り口に置いて、そのベンチに横になった。

f:id:odangodantyou:20191216102722j:plain


 

私:「どうしたの???」

 

お爺ちゃん:「セラピー聞いてんだ。」

 

 

、、、、。

 

 

(行けばいいのに〜!!!)

 

 

私:「行く?」

 

お爺ちゃん:「面倒くさいからいいよ。」

 

、、、、。

固まるお団子団長

 

 

 

 

 


ベンチは移動するのにかぁー!!!

ビックリするお団子団長

 
お団子団長〜明るい介護の小話〜のランキングはこちら⬇️





このエントリーをはてなブックマークに追加

読んでいただきありがとうございます!
よかったら、Twitterフォロー、読者ボタン、bookmarkボタンも宜しくお願いします♪

byお団子団長