お団子団長〜明るい介護の小話〜

ここで介護の小話を一つ。介護現場を色々知って笑っちゃおう!

MENU

【小話】そうじゃないんだ・・・〜明るい介護の小話〜

そうじゃないんだ・・・職員の勘違い

そうじゃないんだ・・・職員の勘違い、口話


 

それはダメだ。

耳の聞こえない利用者さんとコミュニケーションをとる時に、手話ができればいいのだが、なかなか、簡単に覚えられるものでも無い。

 

利用者さんによっては『口話』といって、職員の口の動きから、会話を読み取れる技術がある方がいる。

普通に話しかけると、口の動きを読み取って、返事をジェスチャーなどでしてくれる。

 

そんな利用者さんと関わった時の出来事。

 

 

私:「このお爺ちゃんは耳が聞こえないけど『口話』でコミュニケーションがとれるから、話しかけるとちゃんと理解してくれるね!」

 

 

職員:「そうですか!じゃあ、筆談とかしなくても、話しかけてみた方が、コミュニケーション、スムーズに取れそうですね!」

 

そう言うと職員は、そのお爺ちゃんが乗っている車いすのブレーキを外して

 

職員:「散歩にいってきますね!」

 

と言い歩き始めた。

 

職員:「今日は外が暖かいですよ!もしかしたら、眠くなっちゃうかも知れないですね〜・・・」

 

 

・・・。

 

さすがに、後ろから話すのは無理だわ!!!!

びっくりするお団子団長

 

 

【小話】のランキング記事です!

タイトルで気になる物があったら、読んでみてください!

www.odangodantyou.com

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

読んでいただきありがとうございます!
よかったら、Twitterフォロー、読者ボタン、bookmarkボタンも宜しくお願いします♪

byお団子団長