お団子団長〜明るい介護の小話〜

ここで介護の小話を一つ。介護現場を色々知って笑っちゃおう!

MENU

介護士必見!ほっと一息 家の鍵 〜介護の小話〜

ショートステイ(老人ホームのお泊まり)からの帰りでよく『家族がまだ誰も帰ってない時間だから、鍵を開けて、待たせておいてください』

っと依頼されることがある。
 
 
先日、とあるお婆ちゃんがお泊りした際に、そのようなケースの依頼がまたきた。
 
 
 
家に到着。
 
 
私 :   私、カバン持ってくから、〇〇さん、先に玄関の鍵開けちゃってください。
 
少し大きめで、立派なキーケースを渡した。
 
お婆ちゃん :   あれ?どこにさせばいいんだろう。
 
私は、鍵の開け方わからなくなってきちゃったかな?と少し心配になった。
 
お婆ちゃん :   最近、扉ごと替えたから鍵かわったのよ!
 
、、、本当かな?
 
あれ、、、?
私も鍵を開けられない、、、
 
そこに運良く家族が帰ってきた。
「ああ!ごめんなさい!いうの忘れてた!」
 
 
この立派なキーケース。
タッチするだけで開く、カードキーらしい。
 
 
私 :   そうだったんですか!〇〇さんも、まだ新しいから、使い方覚えてないっておっしゃってて、すみませんでしたぁ(笑)
 
家族 :   お婆ちゃんにも、まだ使い方教えてなかったんですよ! でも、自分の家と鍵なんだから、わかるでしょー(笑)
 
お婆ちゃん :   そうよね。私どうもとぼけてて(笑)
 
 
 
そっか! とぼけてるから かぁ。
   絶対違うぞ〜〜〜!!!